login
2022.07.07

一人暮らしを快適に過ごすインテリアの選び方は?ベッドやソファの配置方法を詳しく解説

一人暮らしを快適に過ごすインテリアの選び方は?ベッドやソファの配置方法を詳しく解説

一人暮らしに使う部屋は「自分の城」であり特別な空間です。しかし、ワンルームや1Kといった狭い部屋の場合、理想通りのインテリアに仕上げるのが難しいと感じる方も多いでしょう。一人暮らしを快適に過ごすためには、インテリアのコツを押さえておくことが大切です。今回は、一人暮らしに必要なインテリアについて触れるとともに、選び方や配置方法について詳しく解説します。

一人暮らしにはどんなインテリアが必要?

部屋がワンルームや1Kの場合、できるだけスペースを有効に使いたいと考える方は多いでしょう。狭い部屋を広く見せるためには、インテリアを厳選する必要があります。自分好みの部屋にできるため色々なインテリアを置きたくなりますが、必要最低限のものを選ぶようにしましょう。また、高さのある家具や色の濃い家具を選んでしまうと、より圧迫を感じやすくなってしまいます。色合いやサイズ感も踏まえた上で、慎重に選ぶことが大切です。まずは、一人暮らしに必要なインテリアについて解説します。

ベッド

ベッドはサイズが大きく存在感があるため、どのようなタイプを選べば良いか悩みやすいインテリアの1つです。中には、ベッドを諦めて敷布団で済ませている方もいるのではないでしょうか。敷布団の場合、床がフローリングの際には直接床に布団を敷く必要があるため、寒さや埃が気になります。また、敷布団を敷いたままにしてカビやダニが発生してしまうと、健康にも悪影響を与えます。こうした問題を解消するためにも、ベッドがおすすめです。

ソファ

部屋のインテリアを決める上で、自分の部屋をリラックスできる空間に仕上げたいという方も多いでしょう。仕事から帰って一息つくインテリアとして、ソファは役立ちます。ベッドをソファの代わりにするのも1つの手段ですが、寝る場所以外でくつろぐことができれば、生活にメリハリをつけやすくなります。また、来客に備えるためにもソファがあると便利です。ソファには、革を使ったソファや足を伸ばせる大型のソファもありますが、あまりにも重厚感のある質感やサイズのものを選ぶと、部屋が狭く見えてしまう点には注意が必要です。

収納棚

一人暮らし用の部屋では、収納スペースが足りないと感じるケースも少なくありません。こうした場合、収納棚は必要なインテリアの1つといえます。ただし、背の高い収納棚を選ぶと、圧迫感を感じやすくなる点には注意が必要です。部屋を狭く見せないためには、できるだけコンパクトなタイプの収納棚を選ぶ必要があります。棚以外のインテリアを選ぶ上で、収納機能がついた家具を選ぶのも省スペースに役立ちます。

テーブル

昨今は在宅勤務をするケースも増えているため、一人暮らしでも使いやすいテーブルが求められています。仕事だけではなく、食事をする際に使うことも考えて選びましょう。例えば、普段からパソコン仕事が多い方は、椅子に座って使うテーブルがおすすめです。足が折りたためるタイプにしておくと、使わないときは収納できます。

テレビ台

部屋にテレビを置く場合は、テレビ台が必要です。ベッドやソファと比べると小さい印象がありますが、大きなサイズのテレビを使っている場合、テレビ台の圧迫感も大きくなります。また、どこに座ってテレビを見るかによって、必要なテレビ台の高さは異なります。あまりに高い所に設置すると、部屋が狭く感じやすくなる上、落下の危険性があるため注意が必要です。他のインテリアと高さを揃えることで、スッキリとした印象になります。さらに、収納がついた多機能型のテレビ台を選べば、スペースを有効に活用することが可能です。

一人暮らしを快適に過ごすインテリアの配置方法は?

ワンルームや1Kの一人暮らしでも、できるだけ部屋を広く快適に使いたいものです。しかし、適当にインテリアを配置すると、窮屈に感じてしまう可能性があります。一人暮らしを快適に過ごすためには、インテリアの配置方法のコツを押さえておくことが大切です。続いては、基本的なインテリアの配置方法について解説します。

大型家具の位置から決める

一人暮らしの部屋を快適に過ごすためには、まず大型家具をどう配置するかを考える必要があります。ベッドやソファなどの存在感があるインテリアの配置が決まれば、その他のインテリアもイメージしやすくなるでしょう。例えば、部屋が長方形の場合、ベッドのレイアウトを短辺・長辺どちらの壁に設置するかで、大きく印象が変わります。短辺の壁側にベッドをつけると、まとまったスペースを確保しやすくなるでしょう。ただし、クローゼットや窓の位置などを踏まえてレイアウトを考えなければ、ベッドの存在がストレスになりかねません。頭の中でレイアウトをしながらパターンを考えていくことが大切です。

収納棚は入り口に配置する

一人暮らしのインテリアにおいて、背の高い家具の1つが収納棚です。配置場所によっては、圧迫感を与えやすい家具でもあります。こうした背の高い家具は、入り口に配置するのが部屋を広く見せるポイントです。入り口付近に配置すると、部屋で過ごしていても視界に入りにくくなり圧迫感を感じにくくなります。本棚や食器棚など、収納棚が複数ある場合は、点在させず一箇所にまとめて配置するようにしましょう。

家具の色彩に統一感を設ける

一人暮らしの部屋を広く見せるのに大切なのが、色彩の統一感です。あまりにも色合いがバラバラだと、圧迫感を与えてしまいます。ポイントとなるのが、部屋のベースとなるフローリングの色です。例えば、ベージュや白など明るめの色の場合、インテリアも同じような色彩に合わせるとスッキリとした印象を与えられます。特に明るい色は膨張色のため、実際のスペースよりも広く感じさせられるのが特徴です。そのため、ベッドやラグ、収納棚など部屋の中でも存在感のあるアイテムに関しては、色彩を統一させるようにしましょう。フローリングが濃い色の場合、天井に向けてグラデーションを意識した色合いにすると奥行きを感じられ、広く見えやすくなります。

高さの低い家具で揃える

一人暮らしの部屋を広く見せるポイントの1つが、家具の高さです。高い家具を揃えてしまうと、それだけで圧迫感を与えてしまい、部屋が狭く感じてしまいます。広い印象にするためには、できるだけ高さの低い家具で揃えることが大切です。ベッドは低めの脚のものを選ぶと、ソファの代わりにもなって便利です。

複数の機能を持つ家具を使用する

一人暮らしでスペースを有効に使うためには、インテリアの数を減らすことも大切です。インテリアの数を減らすのに便利なのが、複数の機能を持つ家具です。例えばソファベッドを利用すれば、ベッドをソファの代わりに使えるため、別途ソファを購入する必要がありません。在宅で仕事をしている場合は、収納棚をパーティションに使うのもおすすめです。作業スペースとプライベート空間を分けることで、メリハリのある生活が得やすくなります。その他にも、収納を備えたベッドやテーブルなどを使うと大きな収納棚の代わりになるため、空間確保に役立つでしょう。

ベッドやソファはどうやって選ぶ?

一人暮らしのインテリアにおいて、特に部屋の面積を占めやすいのがベッドやソファです。選び方を間違えれば一気に圧迫感を高めてしまい、快適に過ごしにくくなる可能性があります。続いては、快適な一人暮らしに必要なベッドやソファの選び方について解説します。

ベッドの選び方

快適な睡眠を得るためには、ベッドのサイズが大切です。ワンルームの場合、同じ空間にベッドやテーブル、ソファなどさまざまな家具を配置する上に、キッチンも一緒になっています。6畳程度のワンルームであれば、セミシングルサイズのベッドを導入してスペースを確保するのも1つの手段です。1Kであればキッチンが別になっているため、シングルサイズを置いてもゆとりがあるでしょう。ただし、ベッドは身体のサイズと合わせることも大切です。小柄な方であればシングルサイズでも余裕を持って寝られますが、身体が大きい方の場合、セミダブルサイズを選ぶのもおすすめです。

また、ベッドの種類も広いスペースを確保するためのポイントの1つです。一人暮らしの場合、フレームがない脚付きベッドを選べば、圧迫感を感じにくいでしょう。さらにフレームがないため、重量感もなく模様替えのときにも便利です。ロフトタイプの場合は、縦の空間が広いため、部屋を有効活用しやすくなります。このように、ベッドは幅広い種類があるため、部屋のサイズや他のインテリアとのバランスを考えながら慎重に選ぶようにしましょう。

ソファの選び方

ベッドと同様に、部屋のサイズやインテリアのバランスを踏まえて選ぶ必要があるのがソファです。一人暮らしの場合、160cm程度のソファであれば、寝転んだり足を伸ばしたりできるなど、さまざまな姿勢でくつろげるでしょう。一人で座る場合は、一人掛けのソファを選ぶのもおすすめです。特にワンルームはスペースの確保が難しいため、二人掛けのソファだと圧迫感を感じる可能性があります。反対に、来客が多い場合は、二人掛けのソファやベッドとしても使えるソファベッドを選ぶのも良いでしょう。このように、ソファを選ぶ際は自分がどのようにソファを使うのかをイメージすることが大切です。

一人暮らしのベッドなら電動リクライニングベッドもおすすめ

一人暮らし用のベッドを選びたいけれど、種類がありすぎて決めかねている方におすすめなのが電動ベッドです。電動ベッドと聞くと大きいサイズをイメージしがちですが、実は普通のベッドとサイズはほとんど変わりません。そのため、一人暮らしのワンルームや1Kでも設置しやすく、むしろ快適に使えます。

中でもおすすめなのが「Active Sleep BED」です。続いては、Active Sleep BEDのおすすめポイントを解説します。

スマホで簡単操作

一般的な電動ベッドはリモコンで操作しますが、Active Sleep BEDはスマホですべての操作が可能です。ベッドの角度調整だけではなく、マットレスの硬さ調整もできるため、その日の体調にあわせて、寝心地を自在に変えることができます。また、Active Sleep BEDは、睡眠時に加えてリラックスタイムにも活躍します。スマホ1つで心地良い角度に設定でき、ソファと兼用することも可能です。ソファを置かない分、部屋のスペース確保にも繋がります。

入眠角度で心地良い眠りをサポート

Active Sleep BED の最大の魅力は、入眠角度。パラマウントベッドでは、平らに眠るのではなく、角度をつけて眠る「入眠角度」を提案しています。例えば、ベッドの背を少し上げると、呼吸が楽になるなど、自分にとって心地よく眠りやすい角度で入眠をサポート。眠ったことをベッドが感知すると、睡眠を妨げないよう、静かにゆっくりと角度を調整します。さらに、朝になると自然な目覚めを促すように、ゆっくりとベッドの角度がつきます。自然な目覚めを促すので、心地良い朝を迎えられるでしょう。

シンプルなデザイン

電動リクライニングベッドと聞くと、なんとなく機械的でインテリアに馴染みにくいイメージを持つ方も少なくありません。一方で、Active Sleep BEDは非常にシンプルなデザインで、一般的な電動ベッドとは異なります。他のインテリアとも調和しやすいデザインで、カラーバリエーションが豊富な点も魅力でしょう。その他のインテリアと合わせながら、マッチするカラーを選べます。

その他、Active Sleep BEDの詳しい説明は、以下のページをご参照ください。機能や製品ラインナップをわかりやすく紹介しています。

インテリアの配置に配慮して快適な生活を

一人暮らしのワンルームや1Kを快適に過ごすためには、インテリアの配置方法が大切です。また、狭い部屋をできるだけ広く見せるためには、インテリア選びのコツを押さえる必要があります。

しかし、ベッドやソファのような大型家具は、家具そのものの大きさにより、圧迫感の払拭が困難です。インテリアの配置をいくつか試したけど、どうしても部屋が狭くなってしまう場合は、必要に応じてインテリアの買い替えを検討しましょう。



Active Sleep LABとは

「明日の眠りを、今日より楽しく」
Active Sleepが持つ眠りにまつわるアレコレを、皆さんに届けたい。
Active Sleep ANALYZERのデータ分析を中心に、情報発信をしています。
SNSでも情報発信中。↓↓↓

≪ 前の記事
次の記事 ≫
記事一覧へ