Active Sleep

睡眠改善プログラム<sup>TM</sup>体験、結果報告!
2021.12.20

睡眠改善プログラムTM体験、結果報告!

個々の睡眠に合わせて個別にアドバイスを行う、睡眠改善プログラムTM
Active Sleep Appへの搭載を目指して、プログラムを体験していただきました。
その結果をご報告します!

今回、パラマウントベッド睡眠研究所が監修を行い、1か月間、Active Sleep BEDのユーザー8名の方に睡眠改善プログラムTMを体験していただきました。最近の睡眠の満足度についてアンケートを行いながら、1週間ごとに睡眠改善に向けたアドバイス項目を個人ごとに提示し、プログラム参加者がそれらの項目から実施できるものを選んで行いました。アドバイス項目には、Active Sleep製品の活用方法(入眠時の背角度の調整など)だけではなく、夜間睡眠に影響を与えないような生活習慣に関する内容も盛り込まれています(夕食後のカフェインを控える、就寝前に排尿する、など)。

睡眠改善プログラムTMは、2009年から一般の方を対象に行っています。実施後、睡眠データ上で夜間睡眠の改善が見られ、ご本人から夜間の熟眠感や寝つきが改善したなどの声※1を頂いた事例も数多くあります。また、弊社では、プログラム以外にも、競泳日本代表チームのトビウオジャパンなどのアスリートの方や、介護施設入居者の方にも睡眠改善に向けたサポートを実施しています。このような睡眠改善に向けた取り組みを、今後はActive Sleepユーザーの皆様にも気軽にご活用いただきたいと考えております。

今回のプログラムを実施した後のアンケートでは、8名中5名で睡眠に関する悩みが減り、残りの3名では実施前と悩みに変化がなかったという結果でした。一方で、Active Sleep ANALYZERのデータでは、中途覚醒時間や離床回数の減少、眠りの規則性の向上など、8名全員に何らかの改善が見受けられました。
他にも、「あまり早く寝すぎてもよくないのだとわかった」「日中の過ごし方を考えるようになった」というような、ご自身の習慣を見直す気づきを得たというお声もあり、プログラム全体の満足度については、8名中6名で「満足」(他に「どちらでもない」「やや不満」が1名ずつ)という結果でした。

睡眠に関する悩みが解消されなかった方もいらっしゃいましたが、睡眠データ上では全ての方に何らかの改善が見受けられ、またご自身の習慣を見直すきっかけを作り出すことができたという点でも、プログラムは効果的なものだったと思います。更なる睡眠改善のサポートができるように、プログラム内容の向上や改善に今後も努めたいと思います。(パラマウントベッド睡眠研究所 椎野)

ご参加いただいた方から、たくさんのヒントをいただきました。そちらを参考にしながら、来年春頃を目途に、睡眠改善プログラムTMをActive Sleep Appに搭載する予定です。どうぞお楽しみに!

※1参照 アンチエイジングネットワーク 睡眠改善プログラム最終結果(1)
https://www.anti-ageing.jp/news/lifestyle/page/8/

監修:パラマウントベッド睡眠研究所 椎野
文責:パラマウントベッド健康事業推進部 大槻



Active Sleep LABとは

「明日の眠りを、今日より楽しく」
Active Sleepが持つ眠りにまつわるアレコレを、皆さんに届けたい。
Active Sleep ANALYZERのデータ分析を中心に、情報発信をしています。
SNSでも情報発信中。↓↓↓

≪ 前の記事
記事一覧へ